京十色


月イチでナレーションを
担当させて頂いている番組京絵巻京十色


京都の伝統産業、職人さんを紹介する番組で
今回は桶職人の近藤さんでした!













前に紹介した事があるから
なんか変な感じ・・・
僕が珍しくええ声で頑張ってます(笑)



全国のケーブルテレビで見る事が出来るそうなので
上の写真のロゴを見かけたら
是非ご覧になってくださいねー





↑↑↑
ランキングに参加しています!
お手数をおかけしますが、
下の二つを押していただけると
めっちゃ嬉しいです! よろしくお願いしま~す
スポンサーサイト



コメント

のぞプー
大変遅いお時間にコメント失礼致します🙇そして大変遅くなってしまいましたが数日前、ナレーションのお仕事お疲れ様です🐱😌💓京十色京絵巻、4月28日(火)緊急事態宣言があり、外出を自粛しなければならない時期で、匠チャンネルでチャンネル登録700人突破ですいっちょんさんが、初めてライブ配信をしていただいた日でした🐤その日は日中すいっちょんさん、ナレーションのお仕事があり、京十色京絵巻のタイトルを教えていただきました🐱😃💡✨月一で通われているとの事ですね🐱二ヶ月前の5月12日ですね🐤どちらも…といったタイトルで、京十色京絵巻、月一更新番組で、関西以外のケーブルテレビとかでも流れるらしいとの事で、京焼、清水焼のご紹介で、涌波師匠でご夫婦揃っての匠で、夫婦独自のやりとりが面白過ぎたとの事でしたね😆😁すいっちょんさんとてもええ声でナレーション頑張ってらっしゃったのですね✊😃✊今回は桶職人の近藤さんで私は今、メインチャンネルで桶の匠のアーカイブを見ていましたよぉー😃🐤カンナの種類が300近くあってすごかったです😃桶作りの工程は幅広かったです🐱✨木目に沿って丸みのあるナタを置いて、トントン切っていく作業ですが、桶作りで木を組み立てていく時、あまり薄いものでも使えないとの事でしたね。ナタも作るもののカーブにあったナタを使用されるとの事で、ナタも色々種類があると思いました🐤すいっちょんさんトントン切る体験では、とても緊張なされた事と思いますが、回数を増やしていく事に、だんだん切り方のコツも身について来たと思いますし、いい感じで上手に木を切る事が出来ましたね😊✨4の巨大カンナの登場は、長い台に埋め込まれていてその中から外れたので、{正直カンナ}といった名称でビックリしましたね🐱😂🎊カンナを裏返して駆使しながら木の方を動かしていく作業で、型にピッタリ合う様に作る事で、水漏れがない様に、隙間を埋めていく事が一番正直にやらないといけない部分で、重要なポイントだと思いました。最後の師匠にとって匠とは?で、品物が狂わない様に、水が漏れない様に、正直に、誠実に作る事との事で近藤師匠は、とても良い事をおっしゃっていました😂🎊👏
先程switch on匠のインスタで私は、更新していただいた内容で、のぞプーのコメントを読み返してみましたが、桶の匠では、全然コメント出来ていなかったので、メインブログでコメントさせて頂きました🐤🙇😊

水津 浩志
のぞプーさん
コメントおおきにです!!


近藤さんの作業場は、まさに職人の現場って感じでしょ?
壁にかかってるのが飾りじゃなくて
今でも現役で使ってるところがまた驚きでした

まさかこの番組で会うとは思ってなかったので
普段会わない場所で
知り合いにばったり出会った感覚ですわi-229
非公開コメント

トラックバック